水道工事を未然に防ぐ冬の凍結防止方法と対処方法

冬に多い水回りのトラブルとして凍結があります。都会では凍結するほど寒くなることはあまりないでしょうが、特に寒い地域では細心の注意を払って生活していることでしょう。一度凍結をさせてしまうとそこから破裂の原因にもなりかねません。自己対処できればいいですが、できなければ水道 工事が必要になるケースもあります。なぜ凍るのかや、万が一の時の対処法を知っておくことも大切です。
工事をすることなく対処できる方法を知っておくだけで安心して冬を越せるでしょう。

■凍結の条件

水道管が凍結するにはいくつかの条件があります。外気温がマイナス4度以下になったときや水道管内の水に動きがないとき、屋外にむきだしの状態で外気温に触れやすい場合、日に当たらないところに設置されているとき、風が強く当たり熱が奪われる場所などのようにいくつかの条件があります。
つまりこの条件に対して対策をしておくと凍結を防ぐことができるでしょう。



■凍結防止の方法
屋外に設置の水道などにはタオルや発泡スチロールを巻くなどして保温をすることが大事になってきます。なるべく外気温に触れないようにすることで凍結を防ぎます。また、水は流れが止まると凍りやすくなります。そのため水を蛇口から少し出しておくことで凍結を防ぐことができます。しかし使用量が増えることによって水道料金がかさむというデメリットもあります。
一般的な凍結防止方法として水道管内の水を抜くという方法もあります。長期間家を空ける場合などは水が動くことが少なく、凍結を引き起こす可能性も高まります。それを防ぐために、溜まっている水を抜きましょう。水抜き栓がある場合は水抜き栓を利用し、ないときは蛇口を開けた状態で元栓を閉めると水抜きができます。ただし、少しの残り水でも凍結する可能性があるので注意をしましょう。万が一凍結してしまうと水道管の破裂や破損の大きな原因になりかねません。

■凍結したときの対処法

万が一凍結させてしまった際にはいくつかの対処方法があります。まずは自然に溶けるのを待つという方法があります。日中にマイナス4度に達する地域はなかなか少ないでしょう。そのため気温の上昇に伴って水道管の凍結が解消されます。
緊急性を要する場合はぬるま湯をかけて溶かす方法もあります。しかし凍結し沸かすお水もないときは、ドライヤーを使って温めることをおすすめします。それでも対応しきれないときは専門の業者に連絡しましょう。

■まとめ
寒い冬は特にリスクが高まります。絶対に凍らないようにすることは難しいですが、リスクを最小限に抑えるために対処法について知っておくことはとても大切なことになります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ